お電話によるお問い合わせ番号

 »  相続の豆知識  »  在外日本人が相続する場合

在外日本人が相続する場合

在外日本人が相続する場合に適用される法律

海外に居住する在外日本人が相続人となり、被相続人の財産を承継する場合に適用される法律は、日本の民法になります 。

法例 第26条  相続は被相続人の本国法に依る。
  法例:渉外的な私人間の法律関係について、適用すべき私法を指定する法律

このように被相続人が日本人である場合は、相続人が海外に居住していても、すべて民法に定めるとおり相続をします。

在外日本人が相続する場合の相続手続き

被相続人が遺言書を作成していなかった場合、不動産の相続登記申請や銀行預金の払戻しなどの相続手続きをする際には、遺産分割協議を行なって、遺産分割の内容を決めます。

遺産分割協議で合意した事項は、遺産分割協議書として書面にして、相続人全員が実印で押印し、印鑑登録証明書を添付します。これを相続登記申請や銀行預金払戻し手続きの際に添付書面として提出する必要があります。
また、相続登記申請には、相続人の住所を証明する情報として住民票の写しも必要になります。

しかし、海外に居住して、印鑑登録証明書や住民票の写しを提出できない場合があります。
そのような場合、印鑑登録証明書に代わるサイン証明書、住民票の写しに代わる在留証明書の発給を受けて、相続手続きをすすめていきます。

在留証明書とは

在留証明書とは、外国にお住まいの日本人が当該国のどこに住所(生活の本拠)を有しているか、あるいは当該国内での転居歴(過去、どこに住んでいたか)を証明するものです。

住民票や戸籍の付票には、居住する外国の住所は記載されませんので、住所を証明する書類として、在留証明書が必要になります。

外務省HP「在留証明」へ

サイン証明書(署名証明書)とは

サイン証明書とは、日本に住民登録をしていない海外に在留している方に対し、日本の印鑑証明に代わるものとして日本での手続きのために発給されるもので、申請者の署名(及び拇印)が確かに領事の面前でなされたことを証明するものです。

日本での住民登録を抹消して外国にお住まいの方は、住民登録抹消と同時に印鑑登録も抹消されるので、海外在留日本人の印鑑登録証明書に代わる書面となります。

外務省HP「署名証明」へ

相続手続き代行サポートイメージ

煩雑で面倒な相続手続きをワンストップサービスですべて代行します。
相続人の確定から遺産リスト作成、遺産分割協議の円滑実施のサポート、遺産分割協議書の作成、各種の名義変更や預金の払戻しなど、相続手続きをすべて一括代行します。

相続手続代行サポートについて詳しく

相続が始まったら、お気軽にご相談ください

相続手続きは、まず相続人を確定することから始まります。そのためには、亡くなられた方の戸籍を出生までさかのぼって収集します。場合によっては、亡くなられた方のご両親の戸籍もさかのぼる必要があります。この相続人の確定作業だけでも一苦労です。

相続が始まってお困りのときは、相続手続きの専門の行政書士におまかせください。
当サイトを運営する行政書士アット法務事務所では相続手続き全般についてご支援します。
特に複雑な事情があると思われる相続の場合は、なるべくお早めにご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
こちらから

サポート・サービス

相続の豆知識

専門サイト

  • 遺言作成ガイド
    • ご本人の意思を実現し、残された家族に負担をかけない。
      心のこもった遺言書づくりをサポートいたします。
    • 『遺言書作成ガイド』サイトイメージ

矢印
PageTop