未成年の相続人がいる場合の相続手続き

お電話によるお問い合わせ番号

未成年の相続人がいる場合の相続手続き

相続人に未成年者がいるとき

遺産分割協議には、相続権のある者全員が、参加する必要があります。
その相続人に未成年者がいる場合は、未成年者の親など親権者や後見人が、未成年者の法定代理人として遺産分割協議に参加します

未成年者は、単独で有効に法律行為をすることができないとされていますので、法律行為をするには法定代理人が代理をするか、法定代理人の同意が必要となります。(民法第5条第1項)
遺産分割協議も法律行為ですので、親権者が未成年者を代理することになります。

親権者も共同相続人であるとき

未成年の親も共同相続人になるケースでは、親と子の利害が対立するので、親が未成年者を代理することはできません。代理して遺産分割協議を行ったとしても、その効果は無効となります。

この場合、家庭裁判所に申し出て、未成年の子それぞれ特別代理人の選任を受け、この特別代理人が遺産分割協議に参加することになります。

【例】夫が死亡して妻と未成年の子数人が相続する場合

親権者も共同相続人である場合
遺産分割協議は、遺産を共同相続人間でどう分けるかを決める協議ですから、共同相続人間に利害の対立があるとされています。
したがって、このケースでは、母と子には、利害の対立があることになり、母が数人の子を代理することは許されません。
この場合、家庭裁判所に未成年者それぞれの特別代理人の選任を請求して、母と子それぞれの特別代理人の間で遺産分割協議を行います

特別代理人の選任

特別代理人の選任は、親権者や未成年者の親族や利害関係人が、未成年者の住所地を管轄する家庭裁判所に選任の申し立てをします。
特別代理人は、未成年者1人に対して特別代理人1人が選任されますので、未成年者が複数人いるときは未成年者の人数だけ特別代理人が必要となります。

相続手続き代行サポートイメージ

煩雑で面倒な相続手続きをワンストップサービスですべて代行します。
相続人の確定から遺産リスト作成、遺産分割協議の円滑実施のサポート、遺産分割協議書の作成、各種の名義変更や預金の払戻しなど、相続手続きをすべて一括代行します。

相続手続代行サポートについて詳しく

相続が始まったら、お気軽にご相談ください

相続手続きは、まず相続人を確定することから始まります。そのためには、亡くなられた方の戸籍を出生までさかのぼって収集します。場合によっては、亡くなられた方のご両親の戸籍もさかのぼる必要があります。この相続人の確定作業だけでも一苦労です。

相続が始まってお困りのときは、相続手続きの専門の行政書士におまかせください。
当サイトを運営する行政書士アット法務事務所では相続手続き全般についてご支援します。
特に複雑な事情があると思われる相続の場合は、なるべくお早めにご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
こちらから
無料相談会 実施中
無料相談会実施中
毎月第2土曜日に、相続・遺言の無料相談会を実施しています。ご予約の上、ご参加下さい。詳しく

サポート・サービス

相続の豆知識

専門サイト

  • 遺言作成ガイド
    • ご本人の意思を実現し、残された家族に負担をかけない。
      心のこもった遺言書づくりをサポートいたします。
    • 『遺言書作成ガイド』サイトイメージ

矢印
PageTop