お電話によるお問い合わせ番号

法定相続分

相続人が複数いる場合、各相続人の相続割合を相続分といい、民法が定める相続分を法定相続分といいます。法定相続分は、相続人の組み合わせによって決まります。

法定相続分の割合

配偶者と子が相続人の場合

配偶者が2分の1、子が2分の1になります。
子が複数の場合は、子の法定相続分2分の1を頭数で均等に分けます。

1. 配偶者と子(嫡出子)の場合

配偶者と子(嫡出子)の場合の法定相続分
  1. 法定相続分は配偶者1/2、子1/2
    【配偶者の相続分】1/2
  2. 3人の子で子の法定相続分1/2を3等分する。
    【長男と二男の相続分】
     それぞれ 1/2 × 1/3 = 1/6
  3. 長女は被相続人より先に亡くなっているから、その子(被相続人の孫)2人が長女の相続分を1/2ずつ代襲相続する。
    【孫(長女の子)二人の相続分】
     それぞれ 1/2 × 1/3 × 1/2 = 1/12

2.配偶者と子(嫡出子と非嫡出子)の場合

平成25年12月5日に民法が改正され、嫡出子と非嫡出子の法定相続分は同じになりました。

配偶者と子(嫡出子と非嫡出子)の場合の法定相続分
  1. 法定相続分は配偶者1/2、子1/2
    【配偶者の相続分】1/2
  2. 子3人で子の法定相続分1/2を分ける。
    【嫡出子、非嫡出子の相続分】
     それぞれ 1/2 × 1/3 = 1/6
  • 平成25年9月5日以後に被相続人が死亡した場合は、上記のように嫡出子と非嫡出子の相続分は同じになります。
  • 平成13年7月1日から平成25年9月4日までの間に開始した相続について、平成25年9月5日以後に遺産分割をする場合も嫡出子と非嫡出子の相続分は同じとして扱われます。

この民法改正以前は、以下のように非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1でした。

配偶者と子(嫡出子と非嫡出子)の場合の以前の法定相続分
  • 平成13年7月1日から平成25年9月4日までの間に開始した相続で、平成25年9月4日までに遺産分割協議が成立している場合には左のとおリ分割していても問題ありません。

3.子のみの場合

子のみの場合の法定相続分
  1. 法定相続分は配偶者1/2、子1/2
  2. 配偶者が既に亡くなっているので、第1順位の子2人で等分する
    【子の相続分】それぞれ 1/2

配偶者と直系尊属が相続人の場合

第1順位の子や孫などの直系卑属がいない場合です。
法定相続分は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。

配偶者と直系尊属が相続人の場合の法定相続分
  1. 配偶者の法定相続分は2/3、直系尊属の法定相続分は1/3となります。
    【配偶者の相続分】2/3
  2. 直系尊属の法定相続分1/3を父母で等分します。
    【父母の相続分】それぞれ 1/3 × 1/2 = 1/6
  • 配偶者が亡くなっている場合は、父母が全部相続します。
  • 父母がともに亡くなっている場合、祖父母が相続人になります。

子どもがいない夫婦の相続の不都合について

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

第1順位の直系卑属、第2順位の直系尊属がいない場合です。
法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。

相続手続き代行サポートイメージ

煩雑で面倒な相続手続きをワンストップサービスですべて代行します。
相続人の確定から遺産リスト作成、遺産分割協議の円滑実施のサポート、遺産分割協議書の作成、各種の名義変更や預金の払戻しなど、相続手続きをすべて一括代行します。

相続手続代行サポートについて詳しく

法定相続分を調整するための制度 ~特別受益、寄与分

法定相続分は、上記のように割合的・形式的に決定されるため、相続人間の公平を図るために特別受益寄与分の制度が認められています。
これらの制度により、相続人が被相続人から贈与を受けていた場合や相続人が被相続人の財産の維持・増加に貢献した場合は、その分が考慮されることになります。 特別受益寄与分

法定相続分と異なる相続について ~遺言による指定相続など

法定相続分は民法が定める各相続人の相続割合ですが、被相続人は、遺言によって法定相続分と異なる割合を指定し、または、その指定を第三者に委託することができます。(民法第902条第1項)
そして、遺言書により相続分の指定がされたときには法定相続に優先します。
ただし、遺留分にご注意ください。遺留分

また、相続人全員が、遺産分割協議を経て合意すれば、法定相続と異なる割合に分割することもできます。これは、遺言による指定分割がある場合も同様で、相続人全員が合意すれば遺言内容と異なる分割をすることもできます。

法定相続分は必ずしも保障されません !!

法定相続分は、遺言による相続分の指定がない場合や遺産分割協議で法定相続分に従わない分割をしなかった場合に適用される割合です。
法定相続分は相続人に保障された遺産の割合ではありませんので、ご注意ください。

遺言と法定相続

相続が始まったら、お気軽にご相談ください

相続手続きは、まず相続人を確定することから始まります。そのためには、亡くなられた方の戸籍を出生までさかのぼって収集します。場合によっては、亡くなられた方のご両親の戸籍もさかのぼる必要があります。この相続人の確定作業だけでも一苦労です。

相続が始まってお困りのときは、相続手続きの専門の行政書士におまかせください。
当サイトを運営する行政書士アット法務事務所では相続手続き全般についてご支援します。
特に複雑な事情があると思われる相続の場合は、なるべくお早めにご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
こちらから

サポート・サービス

相続の豆知識

お問い合わせ

  • 電話番号 06-6131-5696
    • 受付時間 月~金 9:00~18:00
    • サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
    こちらから

専門サイト

  • 遺言作成ガイド
    • ご本人の意思を実現し、残された家族に負担をかけない。
      心のこもった遺言書づくりをサポートいたします。
    • 『遺言書作成ガイド』サイトイメージ

矢印
PageTop