お電話によるお問い合わせ番号

法定相続人

相続が開始した場合、だれが、どの順位で相続人になるかは、民法によって定められています。
この民法により定められた相続人となる地位を有する人のことを法定相続人といいます。

相続人の範囲と順位法定相続人の順序

法定相続人には、被相続人(亡くなられた方)の配偶者と、血縁関係にある親族(血族相続人)の2種類があります。

  • 配偶者は常に相続人になります。
  • 血族相続人には優先順位が決められています。
    第1順位
    ・子や孫などの直系卑属
    第2順位
    ・親や祖父・祖母などの直系尊属
    第3順位
    ・兄弟姉妹
  • 先順位の血族相続人がいる場合、後順位の者は相続人なることはできません。

法定相続人の具体的な相続分(法定相続分)

配偶者

配偶者は常に相続人となります。

  • 配偶者の他に血族相続人がいる場合は、配偶者はその者と同順位で相続人になり、血族相続人がいない場合は単独で相続人になります。
    【例】夫婦に子どもがいなく、夫の両親が既に死亡している場合
       ⇒妻と第3順位の夫の兄弟姉妹が法定相続人になります。
  • 内縁の配偶者は法定相続人ではありません。こちら

子供がいないご夫婦の場合、ご注意ください !!

子供がいないご夫婦の場合、たとえば夫が亡くなると、遺産は全て妻が相続すると思っていませんか。必ずしもそうではないので、そのように思われている方は注意ください。

子どもがいない夫婦の相続について詳しく

血族相続人(直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹)

血族相続人には相続の優先順位が定められています。

第1順位:直系卑属
被相続人の子は、被相続人の配偶者とともに相続人になります。
  • 子がすでに死亡している場合は代襲相続となり、その子の子(被相続人の孫)が相続人になります。
  • まだ産まれていない胎児は第1順位の相続人になりますが、死産の場合は相続人になりません。
  • 養子は第1順位の相続人になります。
第2順位:直系尊属
第1順位の直系卑属がいない場合は、直系尊属が相続人になります。
  • 父母がともに亡くなっている場合、祖父母が相続人になります。
第3順位:兄弟姉妹
第1順位の直系卑属、第2順位の直系尊属がいない場合に相続人になります。
  • 兄弟姉妹がいなければ、代襲相続となり、兄弟姉妹の子が相続人になります。

相続人調査は必ず必要になります !!

たとえば、ご夫婦と子どものご家庭で、ご主人が亡くなられた場合は、妻と子どもが法定相続人になります。
しかし、不動産の相続登記や銀行預金の名義変更などの相続手続きを行うには、ご主人の戸籍や除籍、原戸籍などを読み込んで、出生までさかのぼって書類を集める必要があります。

この手間がかかり面倒な相続人調査は専門家に代行させて、迅速かつ適切に相続手続きをすすめましょう。相続人調査サポート

相続手続き代行サポートイメージ

相続人調査の他、煩雑で面倒な相続手続きをワンストップサービスですべて代行します。
遺産リスト作成、遺産分割協議の円滑実施のサポート、遺産分割協議書の作成、各種の名義変更や預金の払戻しなど、相続手続きをすべて一括代行します。

相続手続代行サポートについて詳しく

相続人になれない人

内縁の夫・妻、義理の子(婿、嫁)、配偶者の連れ子、認知されていない非嫡出子は法定相続人ではありません。
ただし、内縁の夫・妻は、相続人が不在で、家庭裁判所に請求して認められた場合には、特別縁故者として相続財産の分与が認められます。

なお、労働者災害補償保険法に基づく遺族補償等において、内縁配偶者には受給権は認めれれています。

法定相続人でも相続人の欠格や廃除された場合は、相続できません。欠格や廃除

法定相続人以外の方に財産を分与したいときは

内縁の配偶者や嫁など法定相続人以外の方に財産を残したい場合は、遺言を活用するとよいでしょう。
遺言書は心身ともに健康なうちに作成しておかないと、後に病気や認知症などを患われて、作成できなくなるケースもあります。思い立ったときにご準備ください。

遺言書を作成した方がよい方について詳しく

公正証書遺言作成サポート

先祖代々の財産をどのように承継するか、夫婦で築いた財産をどうするか、親族への財産分配など、それぞれ事情は異なります。遺言者様にとって最良の遺言書を作成するお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご利用ください。

公正証書遺言作成サポート(当事務所が運営する遺言専門サイト)

相続が始まったら、お気軽にご相談ください

相続手続きは、まず相続人を確定することから始まります。そのためには、亡くなられた方の戸籍を出生までさかのぼって収集します。場合によっては、亡くなられた方のご両親の戸籍もさかのぼる必要があります。この相続人の確定作業だけでも一苦労です。

相続が始まってお困りのときは、相続手続きの専門の行政書士におまかせください。
当サイトを運営する行政書士アット法務事務所では相続手続き全般についてご支援します。
特に複雑な事情があると思われる相続の場合は、なるべくお早めにご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
こちらから
無料相談会 実施中
無料相談会実施中
毎月第2土曜日に、相続・遺言の無料相談会を実施しています。ご予約の上、ご参加下さい。詳しく

サポート・サービス

相続の豆知識

お問い合わせ

  • 電話番号 06-6131-5696
    • 受付時間 月~金 9:00~18:00
    • サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
    こちらから
  • 無料相談会
  • 無料相談会実施中
  • 毎月第2土曜日に、相続・遺言・任意後見契約に関する無料相談会を実施しています。詳しく

専門サイト

  • 遺言作成ガイド
    • ご本人の意思を実現し、残された家族に負担をかけない。
      心のこもった遺言書づくりをサポートいたします。
    • 『遺言書作成ガイド』サイトイメージ

矢印
PageTop